眼精疲労 原因 症状 対策 頭痛

眼精疲労ってなに?

 

眼精疲労とは、目が疲れているということとは違います。眼精疲労とは、目の疲れが長く続いてしまって、目だけではなく体にも悪い影響がでてしまうことを言います。

 

眼精疲労の原因について

 

眼精疲労になってしまう原因はいろいろあります。

 

目が病気になっている

眼精疲労になってしまう原因には、目が何かしらの病気になっているということがあります。緑内障や白内障、斜視や眼瞼下垂などになっている人は眼精疲労が起きやすいようです。

 

視力低下や矯正不良

近視や乱視・老眼の場合、物を見ようとするときにピントを合わせ続けます。その状態が常に続いていると、目が疲れて眼精疲労を起こしてしまいます。また、メガネやコンタクトの矯正器具の矯正不良でも眼精疲労が起きてしまいます。

 

体の不調や病気がある

目と体って関係ないように思うかもしれませんが、耳の病気や鼻の病気、風邪や自律神経の乱れ、虫歯、更年期障害などでも眼精疲労が起きてしまいます。

 

ストレスがある

ストレスはいろんな悪影響を与えてしまいます。その1つに眼精疲労があげられます。

 

目の使い過ぎ

長時間のパソコン作業やスマホの操作は目に大きな負担をかけてしまいます。液晶画面から発せられているブルーライトは、眼精疲労を引き起こす原因です。また目を酷使している人がよくなるドライアイも、眼精疲労の原因の1つとされています。

 

眼精疲労の症状

画像出典元:http://healthil.jp/27187

 

眼精疲労の症状は次のようなものがあります

 

目に現れる症状

  • 目が酷く疲れてしまう
  • 目が重くしょぼしょぼする
  • 涙が出る
  • 目が乾いてしまう
  • 視力の低下を感じる
  • 目が充血してしまう
  • 目や目の奥が痛くなる
  • まぶたが痙攣する
  • 目がかすんでしまう、ぼやける

 

それ以外の症状

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • めまい
  • 肩こり
  • 吐き気

 

眼精疲労は、目に症状が出るだけではなくて頭痛や吐き気などの症状もでてしまいます。

 

眼精疲労の改善方法

眼精疲労は放っておくとどんどん辛くなってしまいます。意識して改善しなければいけません。眼精疲労の改善方法を紹介していきます。

 

目と体に病気が隠れていないか調べる

目の病気や体の病気は眼精疲労を引き起こしてしまいます。おかしいなって思うことがあれえばすぐ病院に行って検査しましょう!定期的に病院に行ってチェックすることが大切です。

 

ストレスをためない

Fotolia_62962614_XS.jpg

ストレスも眼精疲労の原因となります。ちょっと疲れたなって思ったら好きなことをしてみたり、好きな音楽をかけて散歩をしてみたり、友達と遊んで美味しいものを食べたり、ストレス発散をしてくださいね。

 

正しくメガネやコンタクトを使う

220px-Contact_Lens_Ayala.jpg

視力低下を感じたらそのまま放置するのではなくてメガネやコンタクトなどの矯正器具をつけましょう!度数があっていないと逆に眼精疲労の原因になるので、正しく矯正をするようにしてくださいね。

 

目の機能を改善するサプリメントを飲む

眼精疲労かなって思ったときや、眼精疲労を予防するためにサプリメントを飲むという方法もあります。いろいろなサプリメントがあるので本当に良いものを見極めて飲んでほしいと思います。私が実際に4つの目の機能改善サプリを飲んでみたので参考にしてみてくださいね♪

 

⇒⇒めなりを飲んでみた
⇒⇒大正ブルーベリーを飲んでみた
⇒⇒ビルベリープレミアムを飲んでみた
⇒⇒ブルーベリー&ルテインを飲んでみた

 

パソコのンメガネを使う

36472f49b95de3f8b7c14494facebe07.jpg

パソコンやスマホを使いすぎると眼精疲労になってしまうので、ブルーライトをカットしてくれるパソコンメガネを使用すると目にかかる負担を減らすことができます。

 

⇒⇒JINS SCREEN NIGHT USEのレビューはこちら
⇒⇒パソコンメガネの仕組みについてはこちら
⇒⇒ブルーライトについてはこちら
 

 

まとめ

眼精疲労になってしまうと、つらい症状がたくさん出てしまうことが分かりました。自分で予防や改善対策をすることができるので、日々気を付けていくことが大切です。