ブルーライト PCメガネ 効果 目の疲れ

その目の疲れブルーライトが原因かも?ブルーライトが目に与える影響

ブルーライトという言葉、最近よく耳にしませんか?そんなブルーライトですが実際にどんなものなのか知っている人は少ないと思います。そんなブルーライトについて詳しく説明していきたいと思います!

 

ブルーライトとは

ブルーライトというのは可視光線(私たちが見ることができる光)の中で一番エネルギーが強い光のことを言います。ブルーライトの波長は380nm〜500nmです。

 

 

 

ブルーライトのお隣さんは、なんと紫外線です。紫外線の次にエネルギーが強いって、結構な強さですよね。

 

ブルーライトって何から出てるの?

ではそんなブルーライトですがどんなものから発生しているか知っていますか?ブルーライトって実は私たちのとっても身近なものから発生しているんです。実はブルーライト、最近では当たり前に普及しているLED液晶から多く発せられています。

 

 

 

上の図を見てもらうと分かるように、私たちが日常的に使っているテレビやパソコン、スマホ、ゲーム機からブルーライトが発生しています。仕事で長時間パソコン作業をする人や、スマホをずっと操作している人、ゲームやテレビが大好き!という人は日常的にブルーライトを浴びているということになります。

 

ブルーライトの影響

目への影響

ブルーライトは私たちに色々な影響を及ぼします。ブルーライトを浴びることで目や体に様々な不調が現れてきます。ブルーライトは目の角膜や水晶体だけではなくて、もっと奥にある網膜や黄斑部にまで届いてしまいます。

 

 

それぞれの働きを簡単に説明すると

 

角膜…視覚情報を目の中に入れてあげる働きをする。
水晶体…ピントを合わせてくれる。
網膜…モノを見るための神経の膜。
黄斑部…網膜の中心部分にあって視細胞が集中している。

 

という感じです。どれも目にとってとっても大切なものだということがわかります。このようにブルーライトによって角膜や水晶体、網膜や黄斑部がダメージを受けてしまい以下のような影響が出てきます。

 

目が疲れる
視力が低下したように感じる
目がかすんでしまう
目が痛くなる

 

このようにブルーライトは目に大きな負担をかけてしまいます。

 

睡眠への影響

さらにブルーライトは、目だけではなくて私たちの睡眠にも悪影響を及ぼします。私たちが眠くなるのは「メラトニン」というホルモンが分泌されるからなんです。しかし寝る前にスマホをいじったりずっとテレビを見続けることでこのメラトニンがうまく分泌されないんです。ブルーライトを浴びると脳が覚醒してしまいなかなか眠れなくなってしまいます。体内時計が狂ってしまうことで、不眠だけではなく、肥満や鬱の原因にもなり兼ねないので注意が必要です。

 

ブルーライトを防ぐには

ブルーライトが目に悪いものだと分かっても、テレビやスマホなんかはどうしても使わなければいけないと思います。そこでブルーライトから目を少しでも守るための方法を紹介しようと思います。

 

PCメガネを付ける

最近ではブルーライトをカットしてくれるPCメガネというものが売っています。パソコン作業をするときやスマホを長時間見るときに使うことでブルーライトから目を守ってくれます。このPCメガネ、実際に使ってみたんですが私はPCメガネを使うことでかなり目への負担が減ったと思います。

 

PCメガネを半年間使ったレビューを書いているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ディスプレイは明るさを落とす

パソコンやスマホなど、画面の明るさを落とせるものであれば明るさを落としてください。

 

ブルーライトカットフィルムを付ける

パソコンやスマートフォンの場合、ブルーライトを抑えてくれる液晶フィルムも販売しています。それを使うとブルーライト対策ができます。

 

サプリメントを飲む

目の不調を改善してくれるサプリメントを飲むことで、内側から目の不調を改善することができます。目の機能を改善してくれるサプリメントを、4つ実際に飲んで効果を試してみました。記事にしているのでぜひ読んでみてください♪

 

サプリメントのレビューはこちら
≫めなり
≫大正ブルーベリー
≫ビルベリープレミアム
≫ブルーベリー&ルテイン

 

まとめ

ブルーライトについて調べてみると、目に与えるダメージはもちろんのことですが、睡眠にまで影響があるということが分かりました。しかしブルーライトは、私たちの生活するうえで避けようのないものではないかと私は思います。PCメガネやサプリメントの力を借りて、外側から内側から目を守っていくことが大切だなあと感じました。

 

→PCメガネについてはこちら
→めなりのレビューはこちら